音楽制作 DAW 機材 について

  1. コラム

なぜ音楽なんでしょうか?



NewImage

よく言われるのが、「音楽ってイイよね」。

じゃ、具体的に何がイイのか、お腹が一杯になるわけでもないし、何かハッキリした答えがあるわけでもないのに、

「音楽ってイイよね」

と言われたら、

「そうだね」

というしかなく、それ以上突っ込んではいけないような空気があります。

「どこが?」

というと、感性が欠落したように思われるかもしれないリスクを背負います。

そこで、今日はあえて「どこが?」と突っ込んでみたいと思います。

プロの職人たち

NewImage

ボクに知り合いには腕のいい料理人がたくさんいます。ほんま凄いです。尊敬します。なぜ、こんな美味しいものを作れるんでしょうかと思って、それはもう幸せに浸ることが出来ます。

テレビでスポーツ観戦をしていて見事なファインプレー!感動ものです。この人たちはどれだけたくさんの人を幸せにしていることでしょう。

NewImage

幸せを分かち合う

プロでなくても、友達の家に行ったときに出される美味しい料理、それに子供の野球の試合にだって感動しますよ、幸せにいっぱいにしてくれますよね。これはもう「イイよね」とか問いかけるまでもなく、イイです。また疑いすら持ちません。

誰もが自分の出来ることで、人を幸せにすることが最高の幸せなんですよ。そんな気持ちで分けてもらった人もまた幸せなんです。

人は何らかのかたちで、誰かと幸せを分かち合うために生きているんです

NewImage

そして音楽の場合

そして音楽も同じく、「幸せを分かち合う」ことなんです。

じゃ、なぜ音楽がなにか特別のもののように言われるのか?

考えてみてください。料理で喜んでもらおうと思ったときに、人数分の食材がいります。ひとりひとりに配らないといけません。その数や量にも限界があります。

でも音楽はひとりの人間が、大勢に一気に「幸せを配ること」が出来るんです。楽器ひとつ持って演奏するか、歌の人なら身体ひとつですよ。音にのって一瞬にして、ドバッと!幸せがたくさんの人に配られるんです。

NewImage

音楽がときどき誤解を生むのは、そうでないものがあるからでしょうかね...「オレのXXX凄いだろ!」みたいなの...でも、ある意味それもアリかもしれませんが...

もしアナタが最高に幸せと思えるものがあったら、それを誰かと分かち合ってください。それは音楽である必要はありません。でも音楽だったら最高だと思いますよ。

ボクもそんな気持ちで音楽を作っています。そして、それをアナタに届けたいと思っています。もちろん料理と同じで好き嫌いもあるし、受け取る人によっては「勘弁して欲しい」ものかもしれません。

いろんなことを考えながら、ボクは今最高に幸せな気分で毎日音楽を作っています。

 

☆————————————————☆

Amzonタイムセール☆今すぐチェック!


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

コラムの最近記事

  1. サイトの内容を再構築しています

  2. Audiostok 2月の新作

  3. Audiostok 1月の新作

  4. Audiostockで稼げるか

  5. 金は天下のまわりもの

関連記事

この記事のコンテンツ

 

音楽制作について自由に綴っていきます。毎日音楽と関わっています。死ぬまで続けます。それは単純に自分にとって一番、幸せになれる方法だからです。そういったことも含めて、いろいろ綴っていきたいと思っています。

ヒビノカケラの音楽

Spotifyで聴く

AWAで聴く

Apple Musicで聴く

PAGE TOP